2019年02月18日

ひっそりとしている婚活事情

この年になると、一番面倒な話題が「結婚しないの?」だったけれど何故かここ数年言われなくなりました。
一番言っていた親ですらほとんど言わなくなり、親戚も遠慮し始めています。
同僚や上司なんかはこれを言うとセクハラですしね。

そして気付いたのが、「言われているうちが花」だったということです。
そういえば、言われていた頃は誰かしらが、独身男性を紹介してくれていました。
40歳を目前にすると結婚、出産の話題がタブー化しているんですね。
男なら働き盛りでまだまだ結婚のチャンスはあるのに、女は扱いが違うことに驚かされますね。

そんなあたしですが、ひっそりと婚活をしています。
実は結構前からしているのだけれど、結婚するのなら思いっきり「電撃的」にお知らせしたいので婚活自体は特に誰にも言っていません。
私くらいの年齢の人ならすごく共感してくれると思うけど、周囲の人をびっくりさせたいんですよねー。

たまにお節介な人に「〇〇さんも婚活しなよ」とか言われてイラっと来ることもあったりします。
そういう人に限って、配偶者の悪口言いまくりで何だかなって気持ちになります。

あたしの気分転換、というよりほぼルーティンになっているのがインスタです。
派遣の職場では独身のせいで落ち着かない気持ちにさせられることがあっても、インスタのフォロワーとつながっていれば大丈夫です。
心のよりどころのようなものが、インスタなんです。

なのでいつでもどうしても「インスタ」目線で物事を見てしまうこともあります。
最近では婚活コーデをインスタに載せてみたりしています。
すると驚くほど、同じような境遇の人からコメントをいただけました。
きっかけにフォロワーも増えてかなり嬉しいです。
先日もお見合い前にファッションショーをして、評判の良かった服を着ていったら、お見合い相手からも良い印象だったみたいです。
本当はメイクも載せたいんですが、さすがに顔バレは怖いのでしていません。
インスタには色んな面でとても助けられていますね。

婚活は基本的にはたまにマッチングでお見合いをして、パーティに参加してというスタイルです。
それ以外に大宮でも婚活してます。自分の住んでいる地域だけに限るのではなく、もっと広く考えて、出会いをひとつひとつ大切にしたいんです。

年齢的には婚活しても、結婚につながるかどうかは難しいのが現実です。
それはもちろん分かっていますが、諦めたら終り!と思っています。
今のこの年齢のあたしをちゃんと認めてくれるような人がいれば、それは結婚する時なんだろうなと考えています。
posted by カッコマン at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください